ショベルヘッドチョッパー クレイジーフランク FLH1968

H-D FLH 1968
MOTORI GARAGE

July 6th, 2020

勝利にみちびく
リベロな攻撃参加

ある時は敵地で戦うサッカーチームのように守備的である。下がれ、下がれ、勝ち点が取れればでかしたもの。しかし、また別の機会に見せる攻撃的な面も刺激に満ちている。脇目も振らず軽やかにゴール前まで疾走し、あっという間にネットを揺らすインパクト。そんな攻守を備えた『モトリガレージ』による今回の一台は、力感漂うフロントエンドが示す通り、どちらかといえば前線に上がってのオフェンシブな陣容が肝(きも)だ。

ショベルヘッドチョッパー クレイジーフランク FLH1968

‘68年式FLHをベースにしたチョッパーは、フレームありきだったと言う。店内にあったデュオフレーム。そこにアーリーショベルに乗り換えたいというお客さんが現れたことで話は進んでいった。

「じゃあデュオフレームでいってみようかと。で、そのお客さんが結構パーツを持ってる人で、このクレイジーフランクのフェンダーも持ち込みだったんです。まあウチに長く来てくれてる人なんで、一応お客さんの雰囲気や好みは分かってるつもりなんで」

ショベルヘッドチョッパー クレイジーフランク FLH1968

フレームとフェンダー以外はほぼお任せだったそうだ。そこで主の鳥居(とりい)さんはオーナーの体型や趣味といったものを頭に思い浮かべながらひとつずつ、パズルにピースをはめこむように油断なくパーツを選んで、合わせていった。

ショベルヘッドチョッパー クレイジーフランク FLH1968

まずオフェンシブな印象の要となるフォークは、グライドフォークのシックスオーバーをセット。それに合わせてフロントに21インチのスターハブを、リアに16インチのミッドスターを設置。そして骨太なフォークと見事な相性を見せるエイプハンガーでフロント周りは雄々しく決着された。

次にタンクである。パンヘッドの純正品をマウントし、リアには持ち込みのクレイジーフランクフェンダーを装着。これらを違和感なくまるっと収めた全体のバランスは変わらず達者だ。

ショベルヘッドチョッパー クレイジーフランク FLH1968

「このタンクはエンブレムマウントが無くなってるんで分からないけど、多分’60年代前半ぐらいのだと思います。そのマウストラップですか? それは純正です、オーナーさんがハンドクラッチにしたいって言うのでじゃあマウストラップが良いねって」

ショベルヘッドチョッパー クレイジーフランク FLH1968

ポイントは、しいて挙げるなら持ち込みのクレイジーフランクフェンダー。以前乗っていたアイアンスポーツに付けていた物を今回そのまま取り付けた、オーナーにとって思い入れのあるパーツである。

前線に上がってのオフェンシブなチョッパー。攻守の狭間で、かつてのリベロを思わす戦術眼を持ったモトリガレージによる指し手にまんまとやられる。

HARLEY-DAVIDSON FLH 1968 DETAIL WORK

ショベルヘッドチョッパーFLH1968のフロントフォーク

FRONT FORK

フロントフォークはグライドフォークの6インチオーバー。ライトには汎用のベイツライトレプリカを付ける。

ショベルヘッドチョッパーFLH1968のフロントホイール

FRONT WHEEL

フロントはスターハブの21インチをセット。ほどよく伸ばしたフロントフォークとのバランス感もジャスト。

ショベルヘッドチョッパーFLH1968のガスタンク

GAS TANK

タンクにパンヘッド純正品をセット。おそらく’60年代前半の物で、加工無しで当時の素の状態が活かされる。

ショベルヘッドチョッパーFLH1968のリアショック

REAR SHOCK

ショックはスタンダードなショベル純正12インチを装着。ホイールはミッドスターの16インチを取り付ける。

ショベルヘッドチョッパーFLH1968のマフラー

MUFFLER

パウコ製スラッシュカットを加工して設置。ひと手間かかるけど結局パウコ製が一番しっくりくるとのこと。

ショベルヘッドチョッパーFLH1968のリアフェンダー

REAR FENDER

フェンダーはハイライトになるクレイジーフランク。オーナー持ち込みの、思い入れのあるヴィンテージパーツ。

BUILDER’S VOICE

MOTORI GARAGE

住所 宮城県仙台市泉区松森字前沼52-1
電話 022-342-8552
FAX 022-342-8553
SHOP MOTORI GARAGEのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 火曜日