カワサキ250TRのスクランブラーコンプリートカスタム

KAWASAKI 250TR
STANDY MOTORCYCLES

June 29th, 2020

深緑の遊びを提案する
コンプリートカスタム

英国随一のバイクメーカー、トライアンフの遣い手として、北関東一円に名の通った『スタンディモーターサイクル』。バイクを通じた遊びの提案をコンセプトに、他にもヤマハSRやハーレーのスポーツスターに力を入れ、今回はカワサキ250TRをベースにしたコンプリートカスタムに着手。業界の未来を見据えたマニューバーを描き、未開拓ゾーンへと足を踏み込んでいる。

カワサキ250TRのスクランブラーコンプリートカスタム

「ターゲットにしているのが二輪免許のないこれから免許を取ろうとしてる人や、あるいは全然バイクに興味が無いような人。もちろん今乗ってる人も楽しめるバイクですけど、やっぱり乗る人の分母を増やしていかないといけないですから」

こうした新たな層の獲得のために極力ハードルを低く設定。車検制度がなく、また大型免許も必要ない400cc以下の車両から、ショップの『色』と合致したのが250TRだったと代表の熊谷さんは言う。

カワサキ250TRのスクランブラーコンプリートカスタム

「都会を走るというよりも郊外で、林道やダートも楽しめるようなスクランブラースタイルのバイクというのがテーマです。今まで僕自身トライアンフで遊んできた中で、ウチのスタイルに合わせやすいのがこのTRでした」

元々スクランブラースタイルと相性が良いことから、気になる箇所に手を加えてイメージ通りの姿に刷新。マフラーやシート、リアフェンダー、リアショックなどは交換されるが、基本的にはノーマルの状態をシンプルにしたものそうだ。また、唯一造作をかけた箇所といってもリアフレーム後端のループ加工ぐらいだと氏は率直である。

カワサキ250TRのスクランブラーコンプリートカスタム

「手が込んでると言っても、車体のバランスを良くするためにループの部分を5cmほど短くしたぐらいです。あとはノーマルパーツを活かして、必要な箇所のパーツを交換してまとめてます」

カワサキ250TRのスクランブラーコンプリートカスタム

カスタムする上で見栄えが良くなるのは当たり前。スマートに街乗り出来るのは大前提であり、同店はそこからプラスアルファで、何か楽しいことを提案していきたいと指針を掲げる。サンデーレースや林道、河原遊び、キャンプツーリングなど、今回リリースした一台にはそうした作り手の想いが多分に込められている。

カワサキ250TRのスクランブラーコンプリートカスタム

スクランブラースタイルで今後も発信されてゆくコンプリートカスタム。第一弾のカワサキ250TR(価格58万円+税、諸費用)を皮切りに、第二弾にヤマハSR、続いてカワサキW400/650やハーレーのスポーツスターまでを照準に合わせた動きが、今現在も遊びのエキスパートである熊谷さんの手により着々と進められている。

KAWASAKI 250TR DETAIL WORK

カワサキ250TRのスクランブラーカスタムのハンドル

HANDLE

スクランブラータイプのハンドルはノーマルをそのまま使用。メーターは社外品でコンパクトなサイズを選択。

カワサキ250TRのスクランブラーカスタムのフロントフォーク

FRONT FORK

ノーマルフォークのアクセントにフォークブーツを装着。フロントフェンダーを外し軽快なスタイルを演出。

カワサキ250TRのスクランブラーカスタムのガスタンク

GAS TANK

ガスタンクもノーマルを使用。タンクやリアフェンダーの塗装はオーダーの際に好みの色に変更可能とのこと。

カワサキ250TRのスクランブラーカスタムのループフレーム

LOOP FRAME

バイクの雰囲気に合わせたシート下のフレーム後端は、約5cmほどカットしたループフレーム加工が施される。

カワサキ250TRのスクランブラーカスタムのマフラー

MUFFLER

マフラーには社外品のメガホンタイプをセット。ウインカーも変更されボディは目立たさずにブラックアウト。

カワサキ250TRのスクランブラーカスタムのリアフェンダー

REAR FENDER

スタイリッシュな雰囲気を引き出す絶妙な位置にフラットフェンダーをセット。ライトはスパルトタイプ。

BUILDER’S VOICE

STANDY MOTORCYCLES

住所 茨城県筑西市布川1316-1
電話 0296-48-6117
FAX 0296-48-8819
SHOP 【NEW】STANDY MOTORCYCLESのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 水曜日