レンチモーターサイクル東京 WRENCH MOTORCYCLE

WRENCH MOTORCYCLE

レンチモーターサイクル(東京都三鷹市)

May 1st, 2020

凛と呼び鈴を鳴らす
いちハーレー乗りの使命

視野が広くてあたたかみがある。店主の柳澤(やなぎさわ)さんと接していると、まるで太陽の陽だまりさながらの心地良さを覚える。自分本位ではない相手を思いやった自然な仕草に、くっきりと人間力が現れている。

始動は2015年。ハーレーのサイドバルブからショベルヘッドまでの旧車を機軸に、カスタムや修理、車検までを全般的に請け負っている。しかしその中でもウエイトを置くのが『走り』で、まずはしっかりと走ることが一番の優先事項だ。

「結局どんなにカッコ良くても普通に乗れないと意味がないですから、もし怪しかったらエンジンとか整備の方を勧めますね。カスタムを希望してても、まずはちゃんと乗れるようにした方が良いですよって」

とにかく調子良く走るように。比較的ロングを走るお客さんも多いことから、走りに関しての妥協はない。「ハーレーだからこんなもんでしょ」と、ちまたに流れる風潮へのアンチテーゼが氏の探究心の原点であり、’49年式FLに乗るいちハーレー乗りの使命でもある。

店舗

ロケーションは東京都三鷹市と国立市を結ぶ東八道路沿い。車種はサイドバルブからショベルヘッドまでの旧車をメインに、依頼があればエボリューションもたまに扱うそうだ。
入口にカスタムや修理に対応したスペースを確保。右奥でエンジンなどの専門的な作業を行い、一番奥のビニールカーテンで仕切った場所は工作機械を配備した切削エリアとなる。
店内は効率性を第一に考えた空間となる。また年に2度ほどキャンプツーリングも実施。車は便利過ぎるため一切無しで、バイクに荷物を括り付けて本来の楽しさを味わうそうだ。
乗りやすさに配慮したカスタムが信条だが、普通に調子よく走るための整備や修理に重きを置いている。街乗りでもロングでもその人に合った乗り方で付き合ってもらいたいと言う。

住所・TEL

住所 東京都三鷹市新川2-12-8(Google MAPを開く
電話 0422-26-5877
FAX 0422-26-5818
WEB WRENCH MOTORCYCLEのウェブサイト
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 火曜日