トライアンフT100のスクランブラーカスタム

TRIUMPH T100
STANDY MOTORCYCLES

November 10th, 2020

爽涼が止まらない
行きつく三種の神器

2018年より宮城県から茨城県へ活動の拠点を移し、トライアンフを中心にして、街乗り以外に林道やダート走行などバイクでの遊びを提案する『スタンディモーターサイクル』。最近はその呼び声に同調するバイク乗りが増加傾向にあり、日増しに活況を見せている。

トライアンフT100のスクランブラーカスタム

今回の一台は、いわばその遊びの伝道者である熊谷さんの愛車である。ヴィンテージモトクロスレースありきで組んだオールドトライアンフは、自分の好きな年式のパーツを集めてイチから製作したものだ。

「車体丸ごと買ったわけではなくて、僕の好きな、良いと思っている年式の物を寄せ集めて仕上げた感じです。だからエンジンの中身もばらばらだし、全てがただのガラクタ集めたバイクですよね(笑)」

トライアンフT100のスクランブラーカスタム

そんな普通の人だったらなかなか完成までに至らないような手ごわいストーリーを楽し気に語る氏からは、このバイクへの情味が溢れている。そして基本レースありきで仕上げた一台ではあるが、周りに走る人が多かったこともあって、いつも自分が手掛けるカスタムよりは公道寄りに振ったスタイルにしていると言う。

「ザ・スクランブラー的なノリですね。自分のバイクを作る時はこのバナナタンクとTTシート、あとリアフェンダーは毎回同じ物を選んでます。そこはずっと変わらない気に入ってる部分で、結局いつもこのパーツに収まるんですよね」

トライアンフT100のスクランブラーカスタム

元来が飽きっぽい性格だがこの3つのパーツに関しては飽きが来ないそうだ。また、そのタンクの取り付けに関しても固有の小味を効かせている。バナナタンクをそのまま装着すると後方が若干下がってチョッパー風になってしまうことからトンネルを加工。タンクの水平ラインを出した上でマウントしている。更にガスコックもノーマルはロウ付けで漏れてきてしまうため溶接で処理。これら何度もこなしてきた始末で万全を期している。

トライアンフT100のスクランブラーカスタム

TTシートに関しても、本物志向の強い氏は出来ればヴィンテージシートを使いたいところだがそこはレーサー。シートはかなり重要な部分だからこそ乗り心地にこだわり毎回ワンオフで作ってもらったものをセット。ハンドルも通常はフランダース製を付けるが転倒すれば簡単に曲がってしまうため、レース時は別のものに換えている。

トライアンフT100のスクランブラーカスタム

ベースはレーサー。もっと言えば、バイクの見栄えうんぬんではなくあくまでも『遊び』が前提である。しかし美感の鋭い人間がその遊びを追求していくと、自然とこうした端整な景色が産まれてしまう。

TRIUMPH T100 DETAIL WORK

トライアンフT100のスクランブラーカスタムのハンドル

HANDLE

ライザーはノーマルでハンドルはフランダース製。レース時は転倒した時のことを考えて別の物に交換する。

トライアンフT100のスクランブラーカスタムのフロントフォーク

FRONT FORK

通常はノーマルを使用。しかしレース時は名品のセリアーニフォークに換装して21インチホイールを装着。

トライアンフT100のスクランブラーカスタムのガスタンク

GAS TANK

ガスタンクはバナナタンクを愛用。カスタム製作時はその都度トンネルとコック部に手を加えてマウントする。

トライアンフT100のスクランブラーカスタムのエンジン

ENGINE

T100のエンジンをモディファイ。ハイカムと650用ピストンをインストールし600cc弱の排気量にアップする。

トライアンフT100のスクランブラーカスタムのシート

SEAT

TTシートはレース用にウレタンの硬さを煮詰めてワンオフ。重要な部分だからこそ乗り心地に配慮して設計。

トライアンフT100のスクランブラーカスタムのマフラー

MUFFLER

マフラーは店に転がっていたという当時物をチョイス。ストリートでもレースでも映えるソリッドなデザイン。

BUILDER’S VOICE

STANDY MOTORCYCLES

住所 茨城県筑西市布川1316-1
電話 0296-48-6117
FAX 0296-48-8819
SHOP 【NEW】STANDY MOTORCYCLESのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 水曜日