コーンショベルのロングフォークチョッパー FLT1980

H-D FLT 1980
MOTORI GARAGE

November 5th, 2020

地平線から浮かぶ
銀幕のワイアット

仙台の地で代々受け継がれるチョッパースタイル。これまでそれは、『仙台スタイル』の名で全国のフリークたちの視線をかっさらってきた。往年のアウトサイダーが好んだフリスコスタイルを日本の、仙台の土壌にサブリメーションさせた孤高の大刀。今回の一台はその先達たちが築いたバトンを両手で受け止め、硬質に正装させたチョッパーだ。

コーンショベルのロングフォークチョッパー FLT1980

「これはオーナーさんのもろ好みのカタチです。元々こういう雰囲気のバイクだったんですけどそれを綺麗に仕上げていこうと。なのでまあ、ちょっと味付けしていった感じですね」

オーナーの意向を踏まえたカスタムに定評のある『モトリガレージ』の手にかかれば、理想を具現化する精度は高い。そこにやたらな提案を挟むことないサポートに回った定法が乗り手の充足をかなえているわけだ。しかしもちろん、プロの目線で見た助言も忘れない。

コーンショベルのロングフォークチョッパー FLT1980

「フロントフォークは元々6インチオーバーだったのを8インチオーバーにしてみた。でもあんまり変わらないなって言われたのでじゃあ10インチオーバーにしてみましょうかって(笑)」

コーンショベルのロングフォークチョッパー FLT1980

傍からすれば、この雑談ベースの10インチという数値に特別な意味は見出せない。ところが目の前のチョッパーを全方位から眺めてみるとその進言が的を射たものであるのが分かる。バランスを崩すことない限界長のフロントエンド。これはひとえに、数多くのチョッパーを執事的立ち位置で一歩下がって見守り、手を差し伸べてきた経験値あってのものだろう。

「お客さんが操作しやすいようにステップ周りとかシート形状には結構こだわってます。特別なことはしてないんですけど、乗る人に合わせたポジションには気を配ってますね」

コーンショベルのロングフォークチョッパー FLT1980

外装に目を移そう。ガスタンクはショベルの純正品をそのままマウントし、リアフェンダーには汎用の5インチフラットフェンダーを選択。新たに作り直したシッシーバーでチョッパー特有の賊な雰囲気を高めている。そしてペイントは抑制されたブラックパープルの単色で勝負する。

「このオーナーさん昔からの幼なじみの人と一緒にバイクに乗ってるんですけど、その人のナックルとスタイルは似てますね。ベクトルは同じ方向です。だから2台一緒に走ってる姿はなかなか迫力がありますよ」

コーンショベルのロングフォークチョッパー FLT1980

一台でも十分に腹のふくれるこの水際立ったチョッパー。それが二台並んで、例えば地平線からふんわりと輪郭を浮かび上がらせ走って来るそのシルエットを想像するだけで、もう苦しい。

HARLEY-DAVIDSON FLT 1980 DETAIL WORK

コーンショベルヘッドチョッパー FLT1980のハンドル

HANDLE

ハンドルは元々持ち込まれた時から付いていたと言うエイプバー。この王道の形状が全体の雰囲気とよく馴染む。

コーンショベルヘッドチョッパー FLT1980のフロントフォーク

FRONT FORK

フロントは10インチオーバーのグライドフォーク。イエローレンズがアクセントのライトはベイツレプリカ。

コーンショベルヘッドチョッパー FLT1980のガスタンク

GAS TANK

ガスタンクはショベル純正をそのまま装着。塗装は明るい所では紫に、暗い所では黒く見えるようにペイント。

コーンショベルヘッドチョッパー FLT1980のシート

SEAT

座り心地に配慮したキング&クイーンシート。メリハリの効いた肉厚のデザインが長距離ランをサポートする。

コーンショベルヘッドチョッパー FLT1980のマフラー

MUFFLER

マフラーは汎用のショットガンタイプを加工してセット。不動のスタイルとの相性が良いパーツチョイス。

コーンショベルヘッドチョッパー FLT1980のシッシーバー

SISSY BAR

シッシーバーは角棒を使い製作、フロントとのバランスを計った長さで設計。ライトにテュームストーンを装着。

BUILDER’S VOICE

MOTORI GARAGE

住所 宮城県仙台市泉区松森字前沼52-1
電話 022-342-8552
FAX 022-342-8553
SHOP MOTORI GARAGEのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 火曜日