plan-j プランジェイのカスタムバイクショップ

plan-j

プランジェイ(東京都足立区)

August 14th, 2021

新天地でまい進する
八丁のストリートバスター

山形県から東京に拠点を移し、2020年より新天地で起動したカスタムショップである。店主の山口さんは中学卒業後から独学で金属加工の技術を学び、現在外注業者に依頼するのはメッキやエンジン内の特殊加工ぐらいで、その他のほとんどの作業を自らの手でとり行っている。

基本的なスタンスとして『乗って楽しくなる車種』を扱い、ヤマハSRやXS、ハーレーのショベルヘッドをボリュームゾーンとして、ストリートで映えるカスタムを手掛けてきた。

「多いのはショベルですけど、今はナックルとスポーツスターの注文も入ってます。強みって言うとあれですけど、なんでも作ってます(笑)。まあ昔から周りに器用だって言われてて、なんか触ってんのが一番好きなのかもしれないですね」

10代から現在までバイクと緊密な時間を過ごしてきた氏は、触るのも走るのも両方好きだと語る。だから『見かけだけのバイク』なんてことはないそうで、片道数百キロをガンガン飛ばしても壊れないカスタムを旗印にしている。

店舗

環状七号線から脇にそれた本木新道沿いに立地。縦長の店内は入口と真ん中のエリアが作業場となり、奥のドアで締まった部屋で金属粉が散るサンダーなどを使った加工が行われる。
20年以上金属加工に携わるだけあって手の込んだカスタムは得意分野。一方でスポーツスターに高性能タイヤを履かせてスピーディーに走る、ライトなカスタム路線も現在進行中。
ハーレーの前に最初は10代でSRを買ってカスタムに100万円ぐらい注ぎ込み、次にトライアンフを購入して理想の形を追求してきたと言う。店内には歴代のマシンが居並ぶ。
唯一パフォーマンス目的で作ったのはこの一台ぐらいだと話すショーカスタムのSR。サイズ感とバランスに配慮し、特にフレームワークを何度もやり直し納得いく形状に完遂した。

住所・TEL

住所 東京都足立区西新井本町1-1-15(Google MAPを開く
電話 090-8781-5648
WEB plan-jのウェブサイト
営業時間 11:00 ~ 19:00
定休日 不定休