ラックモーターサイクルズ LUCK MOTORCYCLES

LUCK MOTORCYCLES

ラックモーターサイクルズ(京都府京都市)

October 15th, 2018

射抜かれたが最後
惚れた腕の片道切符

フルスクラッチのチョッパーと聞いて、決まって名の上がるショップである。これまで手にした国内ショーでの栄冠は数知れず、今や日本ばかりか海外のファンをも悩殺するカスタムビルダーだ。

2000年のオープン以来、代表の杉原さんは一本芯の通ったカスタムスタイルを貫き、今日に至っている。結果、その妥協しない物作りに惹かれたフリークはこぞって同店の門を叩き、イチからのオーダーに自分の夢を託している。

「ありがたいことにイチから作らせてもらうことが多い。そういう意味では、ある程度オーナーさんが思い描いておられる物に出来るのかなとは思います。まあここまでいろんな過程を経て来てますけど、好きなことをしてご飯食べさせて頂いてるんで(笑)」

特に、やり過ぎないように注意して仕上げる氏のチョッパーは、数十年後でも飽きがこないよう配慮して製作。オーナーにずっと大事に乗ろうという気持ちになって頂けないとダメだと話すそれらは、総じて何年経っても色褪せない輝きを放っている。

店舗

ピンクの外観が目印のラックモーターサイクルズ。リノベートせず掲げられた看板は当時の家主のままとなる。ショベル以前の旧車を中心にフルスクラッチのカスタムを展開する。
フレームジグはあれど旋盤溶接機、ボール盤、バンドソー、プレスと日本を代表するショップでありながら工作機械はミニマムそのもの。カスタムは全て地道な手作業の繰り返しだ。
何十年後もオーナーがずっと大事に乗り続けられるようなマシンを提案し、製作。ショップカラーが確立されたオールドチョッパーの安定感は抜群で、カスタムショーでは常勝を誇る。
ファクトリー横のショールームにはホットロッドショー、ジョインツ、ニューオーダーといったショーの楯が並ぶ。他にも東南アジアのショーで審査員を務めるなど活躍の場は広い。

住所・TEL

住所 京都府京都市南区吉祥院宮ノ西町3-13(Google MAPを開く
電話 075-321-3008
WEB LUCK MOTORCYCLESのウェブサイト
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 水曜日

カスタムバイク