ブルースモービル BLUES MOBILEのカスタムバイクショップ

BLUES MOBILE

ブルースモービル(北海道江別市)

October 25th, 2021

推さずに耳を傾ける
注文仕立ての12小節

「ハーレーで言うとEVOやツインカムが多いですね。あと個人的な好みでいくとアイアンショベルが好きなんで今力を入れてやっています。国産車はSR、カワサキW650辺りを常に置くような感じではやってますね」

主人の上手(かみて)さんは2017年に店を立ち上げ、極力幅広い車種を扱い、お客さんの要望に柔軟に対応するのがウリだとてらいなく語る。また、カスタムにも注力し、氏の横のカワサキZ1-Rをベースにした一台が最近手掛けたショーカスタムだ。

地元北海道のショーに出展したこのフルスクラッチは、戦闘機をイメージして外装はすべてアルミでイチから製作したものだと言う。この無い物を創るという作業は氏が得意とするところだが、こればっかりやっていても商売にならないと頬をゆるめる。

現在は8割がたがハーレーのお客さんで、北海道ではアイアンショベルを受ける店が少ないことから今後はより目を向けていきたいそうだ。コンパクトなサイズ感と快活なエンジンフィール。氏が魅了された世界はそこにある。

店舗

道内のバイク販売店で7年、その後カスタムショップで10年の修練を経て2017年よりオープン。ハーレーのEVOやツインカムをメインに、国産車までを複合的に取りさばいている。
店内は大きく2つの部屋に分離。入口側のスペースに車両を並べ、奥側で作業が行われる。カスタムはショップ主導ではなく、お客さんの好みを具現化することを心掛けていると話す。
8割はハーレーだそうだがヤマハSRやカワサキW650、そしてZ1-Rのフルカスタムなど振り幅は広い。特別店のスタイルを推し出さず、個々のお客さんのニーズを踏まえて応対。
作業場には現在人気の高い数台のハーレーのFXRが鎮座。また個人的にはアイアンショベルのサイズ感や「タタタタッ!」と走る感じが好みとのことで、その辺の車両も寄り集まる。

住所・TEL

住所 北海道江別市文京台66-12(Google MAPを開く
電話 011-788-8360
FAX 011-788-8361
WEB BLUES MOBILEのウェブサイト
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 月曜日