ハーレー スポーツスターのチョッパー XLH883 2003

H-D XLH883 2003
INFINITY,

February 17th, 2019

フレームの中までめぐらせた
ナローボディの譲らない攻防

カスタムから車両販売まで、洗練されたバランス感覚で着実にその名が浸潤する『インフィニティ』。昨年のホットロッドカスタムショーに出展したXLH883には、店主土野さんのパッションが細部にまで洩れなく脈打っている。

「元々こちらのオーナーさんがウチで作ったSR400に乗ってたんですけどスポーツスターに乗り換えたいと。それでそのSRと同じような雰囲気で作って欲しいということで、ほとんどお任せでやらせてもらいました」

ハーレー スポーツスターのチョッパー XLH883 2003

そこで、製作にあたって大きく2つのポイントを当てた。まず、細さ。全体的にとにかく細く仕上げるため、マフラーやイグニッションコイルなど横に飛び出るものは極力内側へと配置。マフラーに関してはオイルタンクの中を通すというなんとも洒脱なデザインで着地させ、コイルは定番のエンジン部への固定を嫌ってバッテリー下へと移設。そしてそれらを単に『細く』だけまとめるのではなく、おいしく、見栄え良くアレンジしている点に作り手の腕を見る。

ハーレー スポーツスターのチョッパー XLH883 2003

さて2つ目は、配線類のヒドゥン(隠し)処理だ。とにかくケーブル関係をあまり見せたくなかったことで、手始めにスロットルワイヤーやホース類をハンドル内に中通し。次に、メーターやスイッチがハンドル周りにあるとどうしても配線が増えてしまうことで、それらをシート下に集約。なるべく車体中央から出ないように心掛けて作ったそうだ。また、プラグコードもフレーム内に通して簡素化を計るなど抜かりがない。

ハーレー スポーツスターのチョッパー XLH883 2003

2つのポイントを押さえた上で、今度はフレームである。メインはシートレイルのカットだが、本来はレギュレターやホーンが付くダウンチューブのタブなどはすべて切り落とされ、なだらかにスムージング。フロントネックに関しては、昔の鋳物風の味わい深さを偲んで、ドリルド加工を施しちょっとした見せ場も用意された。

ハーレー スポーツスターのチョッパー XLH883 2003

タイヤにもストーリーがある。「ホットロッドカスタムショーに出すからにはどこかにホットロッドの要素を入れるべき」。かつての師であるシュアショット相川さんの考え方を踏襲したそこには、ホットロッドカーが好んで履くリブドストンを装着。根を張った哲学ありきのパーツ選択だが、そのマッチングはどうにも目覚ましい。

ハーレー スポーツスターのチョッパー XLH883 2003

ここまで接近戦でディテイルを見てきたが、最後に一度、俯瞰して大局を見まわしてみたい。するとどうだろう。手を尽くしたマシンからは、まるで停まりかけていたエンジンに再びガソリンが注入されたときのような躍動感が迫って来る。

HARLEY-DAVIDSON XLH883 2003 DETAIL WORK

ハーレー スポーツスターチョッパー2003のハンドル

HANDLE

汎用をモディファイしたハンドル内にスロットルケーブルとグリメカ製マスターのブレーキホースを中通し。

ハーレー スポーツスターチョッパー2003のフロントフォーク

FRONT FORK

フォークは純正を2インチダウン。ヴィンテージのフォグライトは前車両のSRに付けてた物をそのまま流用。

ハーレー スポーツスターチョッパー2003のガスタンク

GAS TANK

タンクはワンオフで円熟のグレーで塗装。ツーリングの頻度も高い同店ゆえ実用性を考慮し容量10Lを確保する。

ハーレー スポーツスターチョッパー2003のスイッチハウジング

SWITCH HOUSING

バッテリー前にウインカー/ホーンのスイッチを。下にコイルを配し、ケーブルはフレーム内を通りプラグと合流。

ハーレー スポーツスターチョッパー2003のマフラー

MUFFLER

オイルタンクを貫くマフラー。まずタンクをえぐり、そこにマフラーを通してステン製カバーで蓋がされる。

ハーレー スポーツスターチョッパー2003のリアエンド

REAR END

シートレイルをカット。汎用フェンダーを加工し、タイヤとの隙間が広かった為エンド部分に覆いを付けて調整。

BUILDER’S VOICE

INFINITY,

住所 埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-69-9
電話 04-2936-6876
FAX 04-2936-6876
SHOP INFINITY,のショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 火曜日