ハーレー コズミックチョッパー フリスコスタイル

H-D EVOLUTION SPCN
COSMIC

November 14th, 2018

走る姿がすべての
禁断のアグレッション

コズミックのブランニューを前に、この手のチョッパーファンならきっと胸のすくような快感を覚えるはずだ。ニュースクールとフリスコスタイルの間を取ったかの研ぎ澄ましたボディシェイプ。例えボリュームのある全体像であっても、野暮さの欠片もないスタイリッシュな詰め方に血が躍る。

ハーレー コズミックチョッパー フリスコスタイル

「これはある物を使ってどこまで出来るかって。まあお客さんの予算とかも当然あるしね。イチからお金をかけてやれば何でも作れるんだろうけど、元々あるものをどうやってアレンジするかが腕の見せどころ。俺らみたいな仕事やってる奴らはそこで魅せるわけだから」

ビルダーの三浦さんが手掛けるチョッパーに、つまりは、コズミックのチョッパーに一切のブレはない。自分が信じたスタイルを貫き通すその姿勢はもはや美しさを通り越して、神々しくさえある。

ハーレー コズミックチョッパー フリスコスタイル

エボリューションのソフテイルがベースのロングフォークチョッパー。『乗りやすく』をテーマに掲げたプロジェクトは、全てのディテイルを一度見直し、使えるものは使い、駄目な箇所はリメイクして形成されていった。

フロント8インチオーバーの39φフォークと、前後インベーダーホイールはベース車に最初から付いていたものを使用。しかし、当然そのままで済ますはずもなく、フォークのブラックアウトに合わせて、ホイールリムも同色にコーティング。歴戦の経験値は見事な完成度を持って披露されている。

ハーレー コズミックチョッパー フリスコスタイル

タンクとフェンダーもワンメイクで、フロントフェンダーといった目立たない箇所もまた刺激的。元から付いていた物を外すのではなく、中央で真っ二つに割ってその幅をギリギリまで詰めて調整。その長さ、左右わずか約5mmずつである。見た目の印象はこれだけで全く変わって来ると氏は言う。

ハーレー コズミックチョッパー フリスコスタイル

「乗ってる姿? まあ煮詰めるよね。だってバイクがカッコ良くても、乗ってる姿がカッコ悪かったらそれ終わりだと思ってるから(笑)。そんなのいらねえって感じだから(笑)。一番大切だと思うよ」

ハーレー コズミックチョッパー フリスコスタイル

一般的にこの種のボリューミーなチョッパーにありがちな、サイズが合わないゆえの、全身に無理のある滑稽な姿勢などはどこにもない。むしろハンドルを握った際の若干前屈みのアグレッションと、カチッと膝の曲がったフォルムが生み出すライディングポジションに根こそぎもってかれる。

果たしてそれがどれほどのものか、一番下の動画をクリックしてもらうと話は早い。

HARLEY-DAVIDSON EVOLUTION SPCN DETAIL WORK

ハーレー コズミックチョッパーのハンドル

HANDLE

アルミのビレットライザーにドラッグバーの無双のコンビネーション。レバーやマスター系はPMで統一。

ハーレー コズミックチョッパーのフロントフォーク

FRONT FORK

当初から付いていた39φの8インチオーバーをモディファイ。フェンダーに手を加えて完成度を高める。

ハーレー コズミックチョッパーのフロントホイール

FRONT WHEEL

前後インベーダーホイールのリムをブラックアウト。足周りの印象を引き締めて狙い通りの効果を入手する。

ハーレー コズミックチョッパーのガスタンク

GAS TANK

一枚の鉄板から成形したガスタンク。全体のバランスを計り、アールを調整して絶妙な形状にフィニッシュ。

ハーレー コズミックチョッパーのオープンプライマリー

OPEN PRIMARY

質感の高いパートはプリモの3インチオープンとPMフットコントロールの組み合わせ。普遍のセットアップ。

ハーレー コズミックチョッパーのリアフェンダー

REAR FENDER

ワンオフのフェンダーに、スロッテッドのステーをデザインと強度を兼ねた一枚板を噛ませてマウントする。

BUILDER’S VOICE

COSMIC

住所 宮城県仙台市宮城野区岡田字南高屋敷19-6
電話 022-352-4322
FAX 022-352-4323
SHOP COSMICのショップ紹介
営業時間 13:00 ~ 19:00
定休日 不定休