ボディクリーナー BODY KLEANER ハーレー

BODY KLEANER

ボディクリーナー(愛知県新城市)

July 10th, 2019

鉄粉にかすむ
陶酔の蜃気楼

これまで、どちらかと言えば積極的なピーアールをしないで、淡々と地元で創作活動を続けてきたカスタム屋だ。が、一部の熱心なファンの間では評価が確立された存在であり、店主の清野(きよの)さんは日々ハンドメイドにこだわり物作りと対峙する本格派として知られている。

無い物は作る。2004年創業の同店が掲げるコンセプトはストレートで見せ球がない。旋盤や溶接機、当てがねを使った鈑金加工などのアナログな手仕事で、ハーレーなら主にショベルヘッドを。国産車はSRにおいてその実力を光らせている。

「僕が凄いと思う物は、やっぱりアナログ作業を駆使して作った物。鉄の粉が舞いまくってる中でグラインダーを回してるような。没頭してる姿が想像出来るような物ですね(笑)」

そしてそんな氏が最も重視するのは、オーナーが跨った時に完結するかどうか。他でもないそのバイクのオーナーが誰よりも似合い、楽しく乗り続けてくれることこそがモチベーションとなり、タフな作業の励みになっている。

店舗

前店舗の両隣りが普通の民家だったこともあり山奥に移転。地図無しでは辿り着けない人里離れた場所に立地。物作りに集中する為のスペースを確保し、繁忙期は2階に泊まり込む。
お客さんとしっかり対話をした上でカスタムを請け負うのが同店のスタンス。一見客の突発的なオーダーを良しとせず、オーナーの人となり、趣味などから想像力を膨らませてゆく。
工場は右側が車両保管で、左側は作業場となる。今後は海外のカスタムショーに出展する予定で、出るからには当然チャンピオンを狙ったカスタムを製作したいと抱負を語る。
新作のショベルはVL風スプリンガーやフレームのラグ処理など全てハンドメイドで製作。カスタムは一発で上手くいく時もあればそうじゃない時もあって結局長い闘いになると言う。

住所・TEL

住所 愛知県新城市庭野切場2(Google MAPを開く
電話 053-525-3939
FAX 053-525-3939
WEB BODY KLEANERのウェブサイト
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 不定休