SR400のストリートカスタムバイク 1994年

YAMAHA SR400 1994
FONK MOTORCYCLE

November 22nd, 2020

潜在の灯がともる
ストリートの聖堂

弾性に富んだ気鋭のショップとして、神戸の街に根を下したカスタムバイクを手掛ける『フォンクモーターサイクル』。10代から20代のお客さんも多く出入りする同店には、気負うことなく、さらりと日常の足に使えるストリートバイクが立ち並んでいる。

SR400のストリートカスタムバイク 1994年

店主の淡路(あわじ)さんのスタンスとして、特別用がなくても遊びに来て欲しいというオープンな姿勢があり、その人柄を慕ったバイク乗りが日々訪れることで、高架下にあるコミュニティにはひと際賑やかな光が散り渡っている。

「60年代70年代ぐらいのトライアンフのユニットモデル。言うたらサス付きのチョッパーみたいな雰囲気で作ってます。僕がオーナーに、『こんな感じどう?』って打診して、それを気に入って貰った感じですね」

SR400のストリートカスタムバイク 1994年

まだ20代前半のオーナーのファーストバイクとなったこのSR400は、普段の足に。そして、スケーターでもある彼がシッシーバーにスケボーを巻き付けていつでもハングアウト出来るように。バイク単体ではなく人がまたがって初めて完結する、日常に溶け込むスタイルを狙って製作したものだそうだ。

乗りやすさと見た目の両立をテーマに、まずフォークは純正を2インチ延長。ガスタンクはハーレー用のスポーツタンクをベースに手を加え、リアフェンダーにも同じくハーレーのアイアン用を選択。そして最も気を使った箇所のリア周りはループフレームに加工された。

SR400のストリートカスタムバイク 1994年

「個人的にサス付きのチョッパーを作るのは難しいと思うんですけど、やっぱりループフレーム付近のバランスを取るのが大変というか、そこを上げ過ぎても変やし、下げ過ぎても格好悪い。その辺の兼ね合いですよね」

いっそのことサスを外してリジッドバーにしてしまえば上手く落ち着くが、それでは肝心の乗り心地を損なってしまう。オーナーにとってファーストバイクだからこそスケートにも決して劣らないバイク本来の旨味を知ってもらいたい。氏はやって来る若いお客さんに対して、如才なくその本質を伝えている。

SR400のストリートカスタムバイク 1994年

一方、差し色に使ったパーツもキレのある演出だ。黄色のスエードシートと同系色のマーブルグリップといったわずか2つに絞ったセクションがことのほかアクセントに効き、乗り手のエッジーな個性にぴたりと呼応している。

SR400のストリートカスタムバイク 1994年

「オーナーに合わせた色使いが自分らしさというか。あとは作る時はいつもそうですけど、全体のまとまりという部分は常に大事にしています。そこは凄い気を使ってやりましたね」

YAMAHA SR400 1994 DETAIL WORK

SR400ストリートカスタム 1994年のハンドル

HANDLE

ロボハンはワンオフで、そこにナイス!MC製マーブルグリップをセット。派手な色味をワンポイントに添える。

SR400ストリートカスタム 1994年のフロントフォーク

FRONT FORK

フォークは純正を約2インチほどエクステンド。ヘッドライトには日本製のスクエア型フォグライトを装着。

SR400ストリートカスタム 1994年のガスタンク

GAS TANK

ハーレーの汎用スポーツスタータンクを加工。中央で詰めて成形。タンク上のグラフィックがポイントになる。

SR400ストリートカスタム 1994年のリアショック

REAR SHOCK

サスはストック長とし、ループフレームの作りを何度も吟味。リアフェンダーとのバランスに苦慮したと言う。

SR400ストリートカスタム 1994年のマフラー

MUFFLER

マフラーはシンプルなドラッグパイプで製作。車体の長さに合わせて調整し、ブラックアウトで締まった印象に。

SR400ストリートカスタム 1994年のシーシーバー

SISSY BAR

スケボーを巻けるように角棒でシッシーバーを作り、シートには黒との相性が良い黄色のスエード地を選択。

BUILDER’S VOICE

FONK MOTORCYCLE

住所 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目6 高架下52号
電話 078-955-9825
FAX 078-336-3326
SHOP FONK MOTORCYCLEのショップ紹介
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 木曜日