ハーレー ツインカムFXR 1991のクラブスタイルカスタム

H-D FXR
VIDA MOTORCYCLE

November 4th, 2019

ボルトオンを一蹴する
劇場型スピードクルーザー

俗に言うクラブスタイルの通称で、瞬く間に米国から日本全土に評判の広がったハイスピード系カスタム。ホットなエンジンを懐に抱いたそれは、ストックルックな車体を基調に、走りに重点を置いた足周りで武装。そしてそこに、機能性とデザインを併せ持ったフェアリングをアイコンとした次世代スタイルだが、全国へいち早くこのリアルなカスタムを伝道したビルダーの安定感は今回も磐石だ。

ハーレー ツインカムFXR 1991のクラブスタイルカスタム

1991年式FXRがベースの『ツインカムFXR』。これは現行モデルにはない、エボリューション時代の高運動性フレームとツインカムのビッグモーターを組み合わせたマシンで、かつてその道の玄人筋に好んで用いられたセットアップだ。

ハーレー ツインカムFXR 1991のクラブスタイルカスタム

「今はオーナーが変わってますけど、これは元々自分がツインカムFXRに乗りたいという所から始まってます。見せ場は全部にはなるんですけど、S&Sの124cu.in.(2030cc)エンジンとミッションですかね」

そして、それにともなった足周りだとビルダーの大久保さんは続ける。エンジンの排気量だけがでかくて足周りが華奢にならないように、フロントは倒立式フロントフォークにダブルディスクブレーキをセット。リアもスイングアームを変更して強度アップを計っている。

ハーレー ツインカムFXR 1991のクラブスタイルカスタム

また、走りの面で一歩踏み込んだチョイスがクラウス製のトリプルツリーだ。このパーツを装着することでステム位置がわずかに奥へとオフセットされ、高速走行時の直進安定性が高まるそうだ。

さて、外装はどうだろう。フェアリングはFXDXTの純正タイプを用い、ライザーはクラウス製でハンドルにはスラッシン製1インチを装着。タンクとリアフェンダーも純正品を使い、唯一フロントフェンダーのみクラウス製カーボンタイプをセットしている程度である。

ハーレー ツインカムFXR 1991のクラブスタイルカスタム

そこでワンオフ物は無いかを尋ねれば、今回はシフト周りぐらいとのことで、BDL製オープンプライマリーにミッドコントロールを新調。フルスクラッチのカスタムを主戦場にしてきた氏にとっては造作もないパートだろう。

外装を始め、フォークや前後ホイール、マフラーといった主要パーツを媚びることないブラックカラーで統一し、そこにピンストライパーBOOによるゴールドラインを描出。徹底した黒地の膳立てで光沢のインパクトは最大化された。

ハーレー ツインカムFXR 1991のクラブスタイルカスタム

ボルトオンパーツに覗かせる百戦錬磨の感性。九州のハスラーが腰を据えた仕事は、例え誰もが手に出来る素材を使っても、やはり規格外の姿で完結する。

HARLEY-DAVIDSON FXR DETAIL WORK

ハーレー ツインカムFXR 1991のハンドル

HANDLE

クラウス製ライザーとスラッシン製1インバーの組み合わせ。ルックスと操作性を兼ねた王道のセットアップ。

ハーレー ツインカムFXR 1991のフロントフォーク

FRONT FORK

フォークはブラックカラーのオーリンズ製倒立を選択。スタイルの要となるフェアリングはFXDXTの純正品。

ハーレー ツインカムFXR 1991のフロントホイール

FRONT WHEEL

前後共に21/18インチのカスタムクローム製。ダブルディスクにブレンボキャリパーをラジアルマウント。

ハーレー ツインカムFXR 1991のエンジン

ENGINE

エンジンはS&S製124cu.in.(2030cc)のハイパワー仕様。キャブには全域でスムースなミクニHSR45をセット。

ハーレー ツインカムFXR 1991のリアホイール

REAR WHEEL

リアホイールもカスタムクローム製18インチ。スイングアームをアップデートしてショックはオーリンズ製。

ハーレー ツインカムFXR 1991のサイドバッグ

SIDE BAG

ロングランに重宝するバッグはレザーブロスのTスポーツレプリカ。シートは宮城のジミードープに依頼した一品。

BUILDER’S VOICE

VIDA MOTORCYCLE

住所 福岡県遠賀郡芦屋町芦屋1148-3
電話 093-223-0701
FAX 093-223-0704
SHOP VIDA MOTORCYCLEのショップ紹介
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 第3日曜日