レジェンドモーターサイクルズ

LEGEND MOTORCYCLES

レジェンドモーターサイクルズ(宮城県仙台市)

May 8th, 2017

オールドタイムな
アメリカンウェアハウス

青森から東京をつなぐ、全国で最も長い国道4号線。宮城では仙台バイパスの名で知られる幹線道路の脇を、わずか数十メートル進んだ先にレジェンドモーターサイクルはある。

店内に足を運ぶと、新旧のハーレーを始め、原付や国産レーサーレプリカの姿も散見。店主の小野さんによれば、「ハーレーをメインで扱ってるが出来る範囲で国産車でもなんでもやる」、とのことである。

1階と2階の仕切りのない解放された空間には、オールドタイムなアメリカンミュージックが響き渡りなんとも心地良い。また、ロングフォークチョッパーのお客さんが多いのも特徴で、ファクトリーには製作途中のマシンが数台鎮座。扱う機会が多いだけに、この手のスタイルはお手の物である。

2005年にスタートした同店は、ハーレーに関してはショベルやパンヘッドを主に、現行モデルまでをカバー。そして、宮城のショップで10年修業して得たテクニックを活かし、カスタムスタイルを問わず、お客さんのニーズに柔軟に応えている。

店舗

アメリカのカスタムショップを思わす吹き抜けのオープンスペース。流れる音楽と相まり異国情緒が漂う。ウッディなストラクチャーにさり気に掲げられる星条旗も違和感がない。
メインフロアの奥に透明のビニールカーテンで区切られたスクエア型の作業場。工作機械は壁際に整然と配置する。ハーレー以外にレーサーレプリカやカワサキZなども扱う。
綺麗に掃除された年季の入った機械周り。ライトカスタムからフルカスタムまで、同店を頼るどの客の要望にもそつなく対応。荒っぽさの無い丁寧なフィニッシュが持ち味となる。
愛車はハーレーでなく1932年式フォードモデルA、ロードスター。乗ってる感じがバイクと似ていて面白いと言う。乗り出して1年半が経ち、主に近場を流すのに使用している。

住所・TEL

住所 宮城県仙台市太白区中田町前沖1-1(Google MAPを開く
電話 022-242-6454
FAX 022-242-6455
WEB LEGEND MOTORCYCLESのウェブサイト
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 水曜日

カスタムバイク