ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のカスタム

HARLEY-DAVIDSON FXE 1978
WEST VILLAGE CUSTOM CYCLES

November 2nd, 2017

オンリーワンを貫く
レーシングマインド

元々はありきたりのクラシックスタイルだったバイクを、事故を機に一新。ちょうど示談が解決するタイミングで『ベイエリアチョッパー&カスタムバイクショー』が開催されることを知り、それに照準を合わせて製作した一台だ。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のカスタム

気に入った箇所のフロントナセルは絶対に外さないことを条件に、『4速フレームで誰もやっていないこと』をテーマに作業は進行。ヤフーの画像検索でどこを探しても無い、つまり他人とかぶらないのを確認した上で、各セクションを形作っていったと店主の西村さんは言う。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のカスタム

一見、その発想的に奇をてらったカスタムを思い浮かべるが、観客集め的風変りな作りはどこにも見当たらず、バランスの取れたレーシーなフォルムにまとめられている。ブラックでフィニッシュしたボディの、研ぎ澄まされたシェイプが眩い。

「ハンドルに何も付いてない、けどフロントブレーキはある。これツイストブレーキのワイヤー式で、マスターシリンダーは結局みんな見える所に付けるんですよ。でもそれだと同じことをやってる人はどこにでもいるから」

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のカスタム

そこで氏は、答えを見せないようナセルの中にすべてを収納。他にもウインカー系を含めたエレクトロニクス全般を内部にひっつけ、スイッチはナセル裏のカバーに用意した。

同じ検索方法で、スイングアームにスプロケットブレーキを付けた車両が出て来ないことから、「これやろかっ!」とすぐさま挑戦。また、シート下のオイルタンクを無くしてすっきりさせるため、シートカウルの中にインストール。しかし、そこを単に流行りの形で処理するのではなく本格的に加工したそうだ。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のカスタム

「レーシーというか、流線形というのか。ただ鉄板を貼っただけじゃなくて、凹凸とか曲面をいかに美しく見せるか。マフラーも含めてその辺だよね」

かつてレーシングカーとガチで向き合ってきた西村さんならではの世界観である。アメ車的なサイドマフラーではなく、隠れた所から出てくる、出る所から美しい造形。バイクだとドゥカティやアグスタに共通するエレガンスが氏の中には息づいている。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のカスタム

「実はレーシングバイクも結構好き。あの形はなかなか無い。だから参考にするじゃないけど、あまり目立ち過ぎずにきちっと綺麗に仕上げている」

誰もやってないことをレーサーの目線でデザインした、記念すべきショーバイクだ。

HARLEY-DAVIDSON FXE 1978 DETAIL WORK

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のフロントフォーク

FRONT FORK

元のナセルをそのまま活かし、高年式のEVO用フォークを使う。イエローとブラックとのコントラストが効く。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のエンジン

ENGINE

ストックエンジンにFORK製3Dラウンドエアクリーナーを装着。マフラーの取り回しが特徴的である。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のマフラー

MUFFLER

スチールでワンオフしたマフラー。ドゥカティやアグスタの造形美に惹かれるという氏のデザイン力が発揮。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のシートカウル

SEAT COWL

オイルタンクと一体成形のスチール製シートカウル。よく見るとエンド部は内側にエグリ加工が施された本格派。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のフットコントロール

FOOT CONTROL

デッドストックのカバーをブラックアウト。ステップ周りはワンオフで、シンプルな形状にまとめられる。

ハーレー 4速フレームショベル FXE 1978のリアブレーキ

REAR BRAKE

アーリータイプの丸型スイングアームにカスタムテック製スプロケブレーキをセット。メカニカルな外面だ。

BUILDER’S VOICE

WEST VILLAGE CUSTOM CYCLES

住所 三重県津市幸町15-27
電話 059-222-1185
FAX 059-223-0994
SHOP WEST VILLAGE CUSTOM CYCLESのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 20:00
定休日 水曜日、第2・4土曜日