カスタムワークスゾン CUSTOM WORKS ZON

CUSTOM WORKS ZON

カスタムワークスゾン(滋賀県蒲生郡)

June 3rd, 2017

二人のスターを擁する
新緑に抱かれた本陣

日本を代表するショップのひとつに名を挙げて、異論を挟む余地はないだろう。国内はもとより、海外でもその名が浸透した、今後のカスタムシーンを担うキーマンである。

オープンは2003年で、高校の同級生だった吉澤さんと植田さんの二人で始動した。当時は、どのカスタムショーにも新作を1台持って行くことを掲げ、寝る間を惜しんで作業に没頭。曰く、寝ないで仕事するのが偉いとさえ思っていたと回想する。そして転機は4年後の2007年に訪れた。米国のRAT’S HOLEに出展した車両がチャンピオンを取るや、周りを取り巻く環境が動き出す。それまで評価されなく苦い思いをしてきたのが徐々に変わり出したと言う。

「そこで、そら賞なんて貰えなかったわっていうのも分かりましたね。だからラッツホールが分岐点です」。その後の快進撃というか、正当な実力の足跡は現在の名声に直結。同級生というより運命共同体と呼ぶ方がしっくりくる二人の手で生み出されるマシンはもはや、彼らの人生そのものである。

店舗

カウンター内が作業場という風変わりなレイアウト。ここで鈑金加工、溶接などカスタムのメインになるアクションが行われる。同店のスタンスを如実に現わした配置と言えよう。
スクエア型の作業場の中央に加工台を置き、その周囲を囲むように壁側に専用機械を並べる。人生のほとんどを過ごす、導線をスムーズにつなげた作業効率の高そうなスペースだ。
カウンターの右側に別部屋で設けたウッディなショールーム。数々のショーバイクがずらりとディスプレイ。いくつものタイトルを掛け持つ歴代のスペシャルが並んだ貴重な空間。
左がフランクな人柄の吉澤さん、右が若干人見知りだと言う職人肌の植田さん。フルカスタムは分業ではなく、必ず2人で1台を製作するスタイルを取る。これが同店の強さの秘訣だ。

住所・TEL

住所 滋賀県蒲生郡日野町木津185(Google MAPを開く
電話 0748-52-6410
FAX 0748-52-6410
WEB CUSTOM WORKS ZONのウェブサイト
営業時間 10:00 ~ 20:00
定休日 水曜日