ハーレー ショベルのインディアンラリーチョッパー

HARLEY-DAVIDSON SHOVELHEAD
CUSTOM FACTORY BB

January 6th, 2018

アメ車から着想を得た
マットでラットな豪腕

「アメ車のカスタムであるでしょ? 外装は錆びてボロなんだけど、足周りとかエンジンはビカビカにしてあるカスタム。あれをバイクでやってみたかったんですよ」

ハーレー ショベルのインディアンラリーチョッパー

そう語るのは広島の重鎮、カスタムファクトリーBBの平田さんだ。磨き上げられたスキルとクリエイティブなメタルワークで、これまで国内のみならず海外のカスタムショーでもその名を轟かせてきた氏が当初、自らの愛馬にすべく製作したのがこのショベルチョッパーである。

まず目を引くのは、そのエクステリア。冒頭でも記したように、コンセプトはホットロッド。その中でもとりわけ外観のヤレ具合がキーとなる『ラットロッド』がテーマだ。

ハーレー ショベルのインディアンラリーチョッパー

錆が浮いたようなペイントワークがそれを見事に表現するが、ワンオフのガスタンクやリアフェンダー、オイルタンクなどがグリーン&ラスト(錆)に塗られているのに対して、インディアンラリー製のツイステッド・ダウンチューブフレームはグレー&ラストにペイントされている。

ハーレー ショベルのインディアンラリーチョッパー

「サーフェイサーの雰囲気を出したかったんです。もともとこのフレームはウチのストックとして長いこと持ってたんだけど、ちょっと錆びてきた姿を見て『このフレームを使ってみよう』と思いついた。一瞬、そのまま(錆びたまま)使ってみようとも思ったんだけど、それはさすがにね(笑)。だからサーフェイサーを吹いたフレームが自然に錆びたような……そんなヤレた雰囲気をペイントで表現してみようと思った」

ハーレー ショベルのインディアンラリーチョッパー

そんなマットでラットなペイントとは対照的に、エンジン周りやホイールはギラついた輝きを見せる。このコントラストこそ、平田さんが狙ったラッドロッドのテイストそのものだ。

他にもヘッドライトステーやナンバーステー、ダウンチューブ下部などに用いられたスパイダーウェブ。そしてヘッドライトリム、タンクキャップ、エアクリーナー、シフターなどに多用されたブラスのパーツなどがバランスよく配され、これまで製作されてきたフルスクラッチのマシン同様に、いかにもなBBらしさを演出している点も見逃せない。

ハーレー ショベルのインディアンラリーチョッパー

ツイストされたダウンチューブの強烈なアクに『食われる』ことなく、均整のとれたマシンに仕上がっているあたりは数多のカスタムを世に送り出してきたBBの面目躍如といったところか。なんとも、見所の多いマシンである。

(写真・文/マツモトカズオ)

HARLEY-DAVIDSON SHOVELHEAD DETAIL WORK

ハーレー ショベルのペイントワーク

PAINT WORK

グラスルーツが手がけたリアルな錆感のあるペイントワーク。ブラスのヘッドライトリムはTT&CO.製。

ハーレー ショベルのフロントホイール

FRONT WHEEL

ホイールは21インチのRSD製DIESEL WHEELのコントラストカットを履く。キャリパーはPM製。

ハーレー ショベルのダウンチューブ

DOWNTUBE

存在感のあるツイステッドダウンチューブ。スパイダーウェブはオイルフィルターやバッテリーガードも兼ねる。

ハーレー ショベルのエンジン

ENGINE

エンジンはストックでEキャブを装着。エアクリーナーなど、随所に奢られたブラスが程よいアクセントに。

ハーレー ショベルのオイルタンク

OIL TANK

フレームに収まった『22』オイルタンクはBBの定番。これによりシート下に空間が生まれ、そこをマフラーが走る。

ハーレー ショベルのリアエンド

REAR END

フロントと同じくリアもRSDホイールにPMのキャリパー。ブラスのアクセントが印象的なテールもTT&CO.。

BUILDER’S VOICE

CUSTOM FACTORY BB

住所 広島県広島市西区西観音町8-9
電話 082-532-5650
FAX 082-532-5660
SHOP CUSTOM FACTORY BBのショップ紹介
営業時間 9:00 ~ 19:00
定休日 月曜日