ハーレー ショベルヘッド 2015のフルカスタム

HARLEY-DAVIDSON SHOVELHEAD
SATO MARINE CYCLE

September 21st, 2017

ズッポシ踏み込む
飛び級のアイラブ

この手の作り込まれたバイクを前にすると、同じ日本人としてどこかジワリと来る。適当な所で止めれば良いものを、採算を度外視してまでも、納得するまで手を入れ続ける。そして、その細やかな作業の末に結実するフォルムは美しくも、総じて鬼気迫るものが漂う。この、単純に凄いや綺麗で済まされない心に響くものがあるからこそ、見る者をグッと惹き付ける力が宿るのだろう。

ハーレー ショベルヘッド 2015のフルカスタム

広島県尾道にあるさとうマリンサイクルの代表作である。イメージしたのは、その昔、ヤマハSRで流行ったカスタムスタイルのスカチューン。シート下をスッキリさせたいというオーナーの要望を受け、そこにあるオイルタンクをガスタンクと一緒に作り直し、また、大径ホイールを前後に装着して作業は進められた。

「ホイールは前後23インチですけど、大きいのがあまり強調され過ぎんように作った感じですかね。あとの細かい作りはやっていったらなったというか、基本お任せだったんで(笑)。こうしたのは得意ですね、ハンマーで叩いて鉄板を足して、溶接して足してみたいな」

ハーレー ショベルヘッド 2015のフルカスタム

シートカウルはアルミを素材に使い、一枚板の叩き出しというよりは鉄板を叩いて成形し、溶接でつなぎ合わせて完成させた部位と言う。そして、スチールのタンクである。レイアウト的には中央のアルミプレートで仕切られた左と右上がガスタンクで、右下がオイルタンクという構造。そこにブロンズのオイルラインを付けてメカニカルな雰囲気を演出した。

ハーレー ショベルヘッド 2015のフルカスタム

「全体的に大変だったんですけど(笑)、元々は高い位置にあったステップをこの場所まで落としたり、あとはシフトのリンクもめんどくさかったですね」

長距離を走るのがしんどくなったオーナーに合わせてフットポジションをリメイク。その際、後方にオフセットしたシート位置ではハンドシフトが遠くなることから、シフトはリンケージを介して設置。可動部にはすべて同店のカスタムマナーによりベアリングが挿入されている。

ハーレー ショベルヘッド 2015のフルカスタム

「うちは動くところには全部ベアリングを入れて機能性を確保するんで、その作りは結構大変です」

同店がウエイトを置くキメ細かな作りから連想し、最後に、ディテイルの作り込みに話を振ってみた。

ハーレー ショベルヘッド 2015のフルカスタム

「ざっくり言うと、焼いて曲げて溶接して、削って溶接して削って(笑)。まあこういう作業はどちらかというと好きな方ですね」

好きさ加減は人それぞれだけど、このカスタムを前に、その『好き』が並じゃないことだけは確かだ。

HARLEY-DAVIDSON SHOVELHEAD DETAIL WORK

ハーレー ショベルヘッド 2015のアンダーカウル

UNDER COWL

アルミで製作したアンダーカウル内にはオイルクーラーを設置。目隠しとデザインの両立を兼ねたセクション。

ハーレー ショベルヘッド 2015のガスタンク

GAS TANK

スチールで作ったガスタンクは中央と上下3つに分割。左と右上がガスタンク、右下がオイルタンクとなる。

ハーレー ショベルヘッド 2015のフットコントロール

FOOT CONTROL

ハードな見た目のオープンチェーン。シフトステーとリンケージはワンオフで、可動部にベアリングを内蔵。

ハーレー ショベルヘッド 2015のハンドシフト

HAND SHIFT

シート位置に合わせてハンドシフト周りを後方にオフセット。それに合わせてステーとリンケージをリメイク。

ハーレー ショベルヘッド 2015のシートカウル

SEAT COWL

叩き出したアルミ板をつなぎ合わせたシートカウル。ウインカーを囲むオーナメント等どの作りにも隙が無い。

ハーレー ショベルヘッド 2015のマフラー

MUFFLER

遊び心のあるマフラーは後方から見れば瞭然だが、リアエキゾーストはフレーム内を通るレイアウトとされた。

BUILDER’S VOICE

さとうマリンサイクル

住所 広島県尾道市古浜町7-69
電話 0848-25-2829
FAX 0848-25-2829
SHOP さとうマリンサイクルのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 月曜日