ハーレー ツインカム FXR 2017のクラブスタイル

HARLEY-DAVIDSON FXR
HOT!! MOTOR CYCLE

February 28th, 2017

FXRTを目がけた
請負人の務め

アウトローバイカーを描いた、アメリカの人気ドラマ『サンズオブアナーキー』の登場で注目を集めることになったハイスピードスタイル。最新のビッグモーターにフェアリングをまとった特徴的なデザインは、世界各国へとその人気が飛び火。ここ日本でも多くのフォロワーを従え、カテゴリーとしても確立された感がある。

ハーレー ツインカム FXR 2017のクラブスタイル

そして、今回のツインカムFXRもその流れを汲んだ一台と言えよう。手掛けたのは三重県のホットモーターサイクルで、普段はヴィンテージバイクを中心に扱うが、マイナーなカウル車のFXRTが欲しいという客のオーダーを受けてご覧のスタイルにメイクした。

「FXRでカスタムを始めた。でもそこに、ツインカムエンジンを積めないか?って。何かないか探していたらチョッパーガイズのフレームにそのまま載るって教えてもらった。それで買ったんだけど、やってみると全然載らない。間違えてEVOエンジン用を買ってしまったんですね(笑)」

ハーレー ツインカム FXR 2017のクラブスタイル

代表の堀田さんは一瞬青くなるものの、S&S社からEVOマウント用のツインカム・クランクケースが出ているのが判明。渡りに船。それをすかさず入手して事なきを得た。

「そもそもFXRはEVOまでで、ツインカムモデルはラインナップに無い。だから日本だとFXRのフレームにツインカムを載せ替えるというのは一般的ではないけど、アメリカだと良くあるみたいでパーツが揃ってたんです」

ハーレー ツインカム FXR 2017のクラブスタイル

意図しない前途多難なスタートを切るも、持ち前の適応力で問題をクリア。次は外装だが、こちらはタンクとリアフェンダー以外はほとんどFXDXのパーツで固めている。理由を聞けば、黒い部分が多いため狙っていたハードなイメージに近付けやすかったのが1点。そしてもう1点は、当時はそれほど価格が高くなかったからだと話す。

ハーレー ツインカム FXR 2017のクラブスタイル

主要な箇所はご覧のブラックアウトされたDXパーツで引き締められ、三重県のスタジオ130スイッチによるトーンを抑えたペイントでフィニッシュ。全体を落ち着いたカラーリングに彩ることで、既存のパーツを巧みに利用したフォルムからはなんとも風雅な空気感が漂う。

そして、さり気にエンジンにも手が加えられ、シリンダーボアを広げ排気量は1550ccにスープアップ。カムには3200~5700回転がベストなパワーバンドのS&S 570カムをインストールし、ミッションはスクリーミン製6速に変更するなど抜かりは無い。

ハーレー ツインカム FXR 2017のクラブスタイル

ホットモーターサイクル。ヴィンテージハーレーをメインに扱いつつも旬なスタイルも卒なくこなす、変幻自在のフローターである。

HARLEY-DAVIDSON FXR DETAIL WORK

ハーレー ツインカム FXR 2017のハンドル

HANDLE

ゆるやかに手前にベントしたプルバックバーはFXDXの純正タイプ。ハンドル周りはすべてストックスタイル。

ハーレー ツインカム FXR 2017のガスタンク

GAS TANK

タンクはFXRの純正をそのまま装着。シックなテイストのペイントは三重県のスタジオ130スイッチが担当。

ハーレー ツインカム FXR 2017のエンジン

ENGINE

ボアアップした1550ccのエンジン。キャブはミクニHSR45をセット。トランスはスクリーミン製の6速。

ハーレー ツインカム FXR 2017のマフラー

MUFFLER

重低音の効いたゴキゲンなサウンドを吐き出すサンダーヘッダー。FXRとは間違いのない組み合わせだ。

ハーレー ツインカム FXR 2017のサイドバッグ

SIDE BAG

積載性の高いサイドバッグは純正オプション。しかし国内未販売のタイプで、本国のみで入手可能だそうだ。

ハーレー ツインカム FXR 2017のスイングアーム

SWINGARM

特徴的なスクエアデザインの穴が開けられたスイングアームはフレーム共にチョッパーガイズ製となる。

BUILDER’S VOICE

HOT!! MOTOR CYCLE

住所 三重県いなべ市北勢町大辻新田240-1
電話 0594-72-3400
FAX 0594-72-6107
SHOP HOT!! MOTOR CYCLEのショップ紹介
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日 不定休