ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のバガーカスタム

HARLEY-DAVIDSON FLHXSE CVO 2015
GROWBAL WORKS

November 6th, 2016

CVOをベースにした
究極モデルの進化形バガー

ボリューミーなフェアリングやサイドバッグを装備し、流れるような美しいラインを形成した外装が特徴となる、ツアラー系カスタムのバガースタイル。本国アメリカではこれまで、富を象徴したカスタムの代表格として年配のライダーに親しまれて来たが、時代の変遷とともに、次第に若者やトレンドに敏感なバイク乗りの間でも注目が集まってゆく。そして2000年に入り、ホットなエンジンチューンや鮮やかなカラーリングなどの要素が加わり、新しいカスタムスタイルとして広く知られることとなった。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のバガーカスタム

この1台は、2015年式FLHXSEストリートグライドがベースである。つまり、ストリートグライドの中で最高位のモデルに位置付けられるCVOを使ったバガーカスタム。通常のオーナーであれば、ハーレー本社が究極のマシンに据えるCVOになんら不満を抱かないはずである。しかし、それを良しとせず、メーカーの考える究極形を更に昇華させることで、圧巻のスタイルを入手した。

「やはりイメージは、アメリカを走るバガースタイル。お客様が送って下さった何枚もの画像を元に、いろいろと話し合ってあのカタチにしました。カスタムポイントは、リアのフェンダーキットと、エアサスペンション、電動のセンタースタンドでしょうか」

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のバガーカスタム

代表の柿崎さんはゆっくりと言葉を選び、洗練された敬語でそう話す。ピンと伸びた背筋やスマートな立ち居振る舞いからは、どこかプレミアムなホテルマンの雰囲気すら漂う。そして、ひとたび工具を握れば、ハーレー本社が認定したマスターオブテクノロジーを修得した高度な技術であらゆるニーズに対応。『非の打ちどころがない』と氏のことを表現しても、決して大げさではないだろう。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のバガーカスタム

フロントは19から23インチのPM製ホイールに換装され、アレンネス製のビレットフォークを装着。シックなペイントカラーにアルミの質感が一層際立ち、得も言えぬ豪奢なテイストを放っている。更に、カウルからタンク、リアのフェンダーキットへとつながる曲線美も秀逸だ。思わず指を這わせたくなるかの魅惑的なラインである。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のバガーカスタム

最大のポイントになるリアのスピードバイデザイン製フェンダーキットは、取り付けに苦労した箇所だ。「大きな加工は必要ないんですけど、アメリカのパーツは日本製のようにすんなり付くことはあまりない。穴位置が合わないとかの問題はよくあります。このフェンダーも何度も合わせて装着したんですが、サイズが大きいのでぶつけないようにその都度気を遣いましたね」。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のバガーカスタム

ストリートグライドCVO。ハーレー本社が謳う究極のマシンであるその面影はほぼなくなり、よりアイデンティティを高めリニューアルを果たしている。しかもオーナーはまだ志し半ばで、やりたいことが途絶えることはない。今後はフロントホイールの更なる大径化、30インチのプランを控えているそうだ。

HARLEY-DAVIDSON FLHXSE CVO 2015 DETAIL WORK

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のフロントホイール

FRONT WHEEL

ホイールは23インチのPM製を装着。エレガントかつ豪奢なフォークはアレンネス製のディープカットを選択。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のガスタンク

GAS TANK

ポールヤフィー製ストレッチタンクは他の外装と合わせて、CVO限定のブラックカラーでペイントされる。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のエンジン

ENGINE

スクリーミンイーグルの110cu.in.(1800cc)エンジンを搭載。エアクリーナーはアレンネス製のハイフロータイプ。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のフットシフト

FOOT SHIFT

眩く輝くアレンネス製のシフターレバー。シフターアームに至るまでスロッテッドの同デザインで統一される。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のマフラー

MUFFLER

マグナフロー製マフラーに、電動センタースタンドはスピードバイデザイン。エアサスはレジェンド製を組む。

ハーレー ツインカム FLHXSE CVO 2015のフェンダーキット

FENDER KIT

圧巻の存在感と流麗なラインを併せ持つフェンダーキットはカリフォルニア州のスピードバイデザイン製。

BUILDER’S VOICE

GROWBAL WORKS

住所 東京都練馬区大泉学園町1-5-8メリー・モナーク1F
電話 03-6904-6370
FAX 03-6904-6370
SHOP GROWBAL WORKSのショップ紹介
営業時間 11:00 ~ 19:00
定休日 火曜日